1. ホーム
  2. 乳がんについて
  3. 乳がん健診のご案内

乳がんについて

乳がん健診のご案内

あなたも乳がん検診を受けてみませんか?

 女性の体は、年齢とともに変化すると、同時に環境や精神状態の影響を受けやすいものです。
婦人病の多くは、自覚症状がなくジワジワと進行していきます。
婦人科検診の必要性を感じても、なかなか受診できずにいる女性は多いようです。

 しかし、定期的な婦人科検診はとても大切なことです。
定期的に検診を受けていれば、がん以外の良性の婦人科疾患も発見でき、早期に治療が行えます。

乳がん検診の方法

 乳がん検診の方法には「視触診」「乳腺エコー(超音波検査)」「乳房撮影(マンモグラフィ)」の3つがあり、基本は視触診と2つの画像診断を組み合せることになります。

 また、乳腺が発達している方にはマンモグラフィより乳腺エコーの方が検診の精度は高いといわれています。
このように個々に合った検診方法を選択する事が大切になります。

経験豊かな医師による検診 視触診

 視診では、皮膚の変化等を観察します。触診では、乳房全体や、周囲のリンパ節(鎖骨付近や腋のしたなど)しこりがないか調べます。

より精密な診断をするために 乳腺エコー(超音波検査) 40歳未満の方におすすめ

エコーの写真 超音波検査では腫瘤やその性状を、触診より精密に観察できます。
超音波検査は断層像なので、病変の発見率は高く有用です。
時間は多少かかりますが、被曝の心配や痛みのない検査です。

マンモグラフィ(乳房X線撮影) 50歳以上の方におすすめ

日本医学放射線学会の仕様基準を満たした乳房X線撮影装置東芝MGU-100Dを使用 マンモグラフィは、乳房を透明なプラスチックの板で挟んで薄くひきのばし、撮影します。
それによって、乳腺の重なりを少なくすると同時に、撮影で受けるX線の飛ばく線量も減らすことができます。
 個人差はありますが、圧迫したときに痛みを伴うことがあります。 リラックスすることによって、痛みを減少することもできますので、肩の力を抜いて受診することが大切です。
着替え等を含めて約20分で終わります。

 40~50歳の方には乳腺エコーとマンモグラフィの併用をおすすめいたします。

 なお、最終的な精密検査としてはMRI検査や細胞診があります。 乳腺エコーやマンモグラフィで乳がんの疑いがある時に行われます。この場合、専門医のご受診をおすすめいたします。

NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 のホームページ

乳がんのおはなし(基礎知識)


検診詳しい内容、ご予約、お問い合わせは

北九州健診診療所

八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)

福岡健診診療所

大分労働衛生管理センター

乳がんについて
乳がんのはなし(基礎知識)
乳がん検診のご案内

健康診断バス

施設案内
北九州健診診療所(小倉)
八幡健診プラザ(北九州産業衛生診療所)
福岡健診診療所(福岡)
大分労働衛生管理センター(大分)
北九州PET健診センター
環境測定センター北九州事業部
環境測定センター大分事業部
若杉病院